脱毛するサイクルは毛周期が重要になります

 

脱毛するサイクルは毛周期が重要になります

 

脱毛サロンで永久脱毛をしてもらうためには、長い期間が必要になってきます。何回も詰めて通えば直ぐに終わってしまうと思っていませんか。永久脱毛の施術はそのように短い期間に直ぐに何度もするものではありません。部位や毛質にもよるのですが、永久脱毛の施術が終わるまでには1年〜2年かかると言われています。かなりかかるものなのです。これは先にも述べましたが施術は連続して行えるものではありません。これが結局は長い期間掛かってしまう要因なのです。おおよそ1ヶ月〜3ヶ月に1度のペースで脱毛をしていくことになります。何故このように一回の施術の後、期間を空けるのでしょうか。実はこれは毛周期を目安にして施術を行うからなのです。ではこの「毛周期」とはなんでしょうか。

 

毛にはサイクルがあるのです。まずは「成長期」から始まり、次に「退行期」、そして「休止期」と移り変わっていきます。これが「毛周期」なのです。それぞれの特徴を説明しましょう。

 

「成長期」・・・毛は皮膚の中の毛根から伸びていきます。この成長期と言うのは、毛が生え始めて皮膚表面に出てきます。
最初は細く、徐々に太くて濃くなっていきます。

 

「退行期」・・・毛が成長しきるまでの時期をいいます。成長してしまうとその後は後退し、抜け落ちるのですが、その手前までが退行期です。毛根の状態ですが、少しずつ肌表面に押し上げられてきます。

 

「休止期」・・・毛が毛乳頭から離れてしまい、抜け落ちてしまった状態の時を言います。毛乳頭はこの間新しい毛を生やそうとはしません。

 

毛というのはこのようなサイクルを繰り返すのです。その中の「成長期」と「退行期」に脱毛を行うことになるのです。ですから永久脱毛を終えるには、時間が掛かってしまうわけです。